外国人技能実習生の受入について

協同組合ビジネスプラザでは企業での技能実習を通じて日本の「技術、技能、知識」を外国人技能実習生に伝える受入事業を行っています。

これは国際貢献のみならず、企業のグローバル化、活性化、海外への技術の移転を図ることで現地との結びつきを一層強めてくことも期待できます。

組合では受入のフォローアップ体制が整備されているので、企業は安心して実習生を受け入れることが出来ています。

日本を実際訪れた外国人技能実習生からはこんな喜びの声が届いています。

組合の細やかなサポートのもと日本語、日本の風俗も学びながら技術を学べるので、日々安心して企業の中で過ごすことが出来ています。

このように協同組合ビジネスプラザは相互に良い刺激をもたらしながら事業を展開できる受入事業を行っています。

Comments are Disabled